物が溢れている時代だが、この世にあるほとんどの商品は、最初に世に出たオリジナル商品の二番煎じ・三番煎じの商品になる。

オリジナルを超えられないのは真実だけれど、二番手がオリジナルを超えたバリエーションや機能を持たせ、さらに価格も安くしてきたら、本家本元は大変だ。

続きを読む

最近、母が薄毛を気にしています。

オシャレな母は、髪がペチャンコになるのが嫌みたいです。

でも髪のボリュームが減っているので、納得できるセットが出来ないみたい。

私は母が薄毛を気にするまで、女性が髪のことで悩むなんてないと思っていました。

続きを読む

新大阪駅のテルマエ・ロマエで阿部寛気分で温泉。
テルマエ・ロマエではないですが、タイムスリップでもしたいのですが、タイムスリップできないので、新大阪から東京に帰るにあたり、せっかく新大阪まで場所だけスリップしてきたので、温泉でも入るべく、新大阪駅ちかくでの温泉を調べてみました。

続きを読む

ダイエットの難しさに関して
ダイエットが難しい要因として挙げられるのは食事制限です。
空腹になるということは本当に苦しいことです。食欲は人間の3大欲求です。
この欲求を制限することは非常に厳しいことといえるかもしれません。つい食べ物に手が伸びるかもしれませんが、ここが頑張りどころです。

続きを読む

昔はなかった顔のシミ・・。
30代を過ぎたあたりから段々と気になるようになってきました。

顔って常に見られているところだから、ちょっとしたシミでも気になってしょうがないんですよね。
周りはそこまで注意深く見ていないとは思うんですが、それでもどうしても気になってしまいます。続きを読む

今シーズンからヤクルトに復帰した青木宣親選手。
2番バッターとしてだけでなく、いろんな意味でチームに刺激とチカラを与えてきたベテランですが、
クライマックスシリーズを前に負傷し、出場選手登録を抹消されていました。続きを読む

WRX S4はCVTを採用しています。ギアチェンジはかなりスムーズで、ガッタンガッタンする感じは全く無いですが、アクセルを踏み込んだ時にもターボの利きはイマイチです。本当にあのインプレッサG4の系譜を継いでいるのか?と云った感じです。

ターボがCVTに吸収されているというか、流されてしまっている感じです。

 

この辺りは本当に残念ですね。

WRX S4は全幅1800㎜以下で、日本の道路事情に良く合った高級セダンであり、スバリストのみならずスバリスト以外からも人気が有ります。高級セダンのたたずまいを残しながら、走りについても妥協しない感じがユーザーにすごく受けているのだと思います。

でも、このCVTだけはどうにもこうにもダメです。

アクセルをグっと踏んで、その次に来るギューンという加速感。古い言葉ではドッカンターボという言葉なのかもしれませんが、、、それがまあまあお行儀が悪いということも判っています。

乗りにくいという評価が有ることも判っています。

でも、やはり走りを追求するなら、ターボは利いて欲しいんです。でも、それがCVTに上手く受け流されてしまっている、、、

2019年にはWRX S4はハイブリッド化するなんて話も出ていますが、やはり走り路線は追求して欲しいです。CVTではない方向でスバルさんには検討して欲しいと思います。

 

WRX S4 口コミ

プロ野球選手はカラダを休めることも重要なシゴトです。
シーズンオフは、シーズン中に溜まった疲労を抜かないと、次のシーズンの成績はもちろん選手寿命を短くすること
にもつながってしまいます。続きを読む

結構金欠な現状、お金を借りることも検討する段階である。

もし私が学生であったなら、学生ローンで有利な金利で借りることも出来ただろう。

しかし今は自営業主である。

続きを読む