借金減らす方法広場

借金の減額って本当にできるの?
とお思いの方も多いと思いますが、できます。
例えば水道光熱費が払えなくなった、その日の食べる物にさえ困る、家賃も滞納しており追い出されるのは時間の問題、そんな借金生活を送っている人にとっては死活問題ですよね。

もちろん、自分の収入の中から無理せず借金を返済できているのが一番です。
毎月の返済額を下げてゆっくりでもいいので生活を楽しみながら返していけるようにする方がいいと思いませんか?

しかし、たくさんのところからお金を借りていて、それぞれ最低支払額で返済しているのにその支払額すら今の収入ではまかなえないくらいまで借金が膨れ上がっていることもあると思います。

借入先が多いとそれぞれが少額でも結局まとまった金額が毎月返済に消えていきます。
気づけば借金で首が回らなくなってしまい、毎月どんなに支払っても利息分にしかならない。ということもよくあります。

借りたお金を返すことはもちろん大切ですが、無理して返して、身体と心を壊し、借金の元本もほとんど減らないとなっては元も子もなりません。
無理は禁物です。

では、どうやって無理せず返済できる状況が作れるかと言うところですが、
長期間、たとえば10年くらいの期間借り入れと返済を繰り返してきた場合、過払い金が発生している可能性もあります。
少し専門的な話になりますが、借金の利息には利息制限法と出資法という2つの法律が関係してきます。そして利率は出資法の方が高いため、業者は出資法に基づいて高い利息で返済させていたのですが、この判決が出てから「出資法に基づく高い利息は無効」となったのです。

この出資法に基づく高い利息は、遅くとも平成22年6月19日までには完全に撤廃されています。そのため、もしあなたが平成22年6月19日以前にした借金の支払いを続けているなら、返済しすぎている可能性が高いです。迷わず弁護士などの専門家に相談することをおすすめします。

あなたに合った借金を減らす方法を検討してみましょう。