活性酸素の肌への影響について

活性酸素とは

体の細胞を酸化させる作用の大きい酸素のことです。紫外線などの外的刺激から体の細胞を守るためにあります。本来は良いものだということです。

しかし紫外線を多量に浴びると、活性酸素は過剰に生成され肌に悪影響を与えてしまいます。活性酸素は肌の細胞を酸化させる働きを持ちます。肌が酸化するというのは、老化するということと同じです。活性酸素としては有害な紫外線から体の細胞を守ろうとしてくれて出てきてくれたんです。ですが過剰に生成されたので肌を酸化させてしまうことにつながってしまいました。

活性酸素の肌への影響

シミ

活性酸素が大量に生成されると、メラニン色素が肌細胞を守ろうとしてダメージとたたかってくれます。この過程で色素沈着が起こります。通常の日焼け程度であればお肌はターンオーバーを繰り返すなかで元の色へと戻ります。しかしあまりにも多くのメラニン色素が生成されると、ターンオーバーをもってしても元の色素に戻ることができずシミになって残ってしまいます。

シワ

活性酸素が過剰に生成されるとお肌のハリやうるおいに欠かせない成分ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンも酸化し変質してしまいます。すると肌からうるおいやハリ感が失せ、シワができやすくなります。

B.Aセラムレブアップの口コミはこちらから