子供は言葉掛けで変わる

長年学習塾で教える仕事をやってきて感じることは言葉掛けの大切さである。

卒業生と久しぶり会うと良く言われるのが、先生から言われたあの一言で私は受験勉強頑張れたんですよということ。

この間も5年振りに卒業生が訪ねてきて言っていたのが、最後の期末テストの対策授業の帰り際に駐輪場で「最近がんばってるね!」って先生に言われたんですよ、覚えてますか?そのときに、あっ!やっぱり先生は私が頑張ってることを気づいてくれたんだと思ってとても嬉しくなったんです。あの「頑張ってるね!」と言う一言で、私は受験勉強を最後まで頑張れたんです、と嬉しそうに話してくれた。

もちろん私は覚えていないのだけど(苦笑)
このように子供たちは大人の何気ない一言を良く覚えているものだ。本当に感心してしまう。

それだけ子どもの心に良い意味で刺さったんだろうなと思う。

子供は敏感なのでその言葉に心がこもっているのかどうかを見抜く力がすごい。

だからどんな言葉を使うのかも大切だし、どんなタイミングで言うのも大切。
そして心を込めて伝えること。

それが子供たちには良い意味でのトリガー的なキーワードとして心に残り、成長を促す要因のひとつになると感じる。