キャットフードにある総合栄養食という意味

ペットフード公正取引協議会に記載している、総合栄養食について調べてみました。
総合栄養食とは猫の健康を維持するために必要な栄養が含まれている餌とのことです。

猫にとって必要な栄養素があるわけですが、総合栄養食だけを与えていれば猫に必要な栄養素は補給することができます。
総合栄養食にも種類があって、子猫に必要な栄養、成猫に必要な栄養、シニア猫に必要な栄養、妊婦の猫の栄養などが記載されているそうです。
すべての猫に食べさせることができるものは、全成長段階やオールステージ用と記載されています。
総合栄養食と表示することができるのは、ペットフード公正取引協議会が定める試験に合格しなければなりません。
キャットフードの総合栄養食にも記載されていますが、いくつかの試験を突破したものでなければ、総合栄養食とはらないようです。
基準となっているのはAAFCOという基準で、全米飼料検査官協会のものが使われています。
これだけちゃんと検査もしているわけですから、猫に与えるご飯は総合栄養食である必要があるのです。