ペットにお留守番をさせても大丈夫?

かわいい愛犬や愛猫。

大切な家族の一員ですので、どんなときでも一緒にいたいのが飼い主さんの本音ですよね。

でも人間社会にはペットが入れない場所がたくさんありますので、いつも一緒にお出かけするというわけにはいきません。

そこで気になるのが、ペットに留守番をさせることは大丈夫なのかという疑問です。

もしお留守番をさせるとしたら、何泊くらいまでなのでしょうか。

獣医師の意見では、ペットの食事と水分補給、そして排泄が問題なくできる快適な環境が用意できるのであれば、何泊でも可能ということです。

しかし、まったく無人の住宅にペットだけがいる状態では、トイレの処理ができないため衛生上の問題が発生します。

また、食事や水も劣化してしまいますので、2泊以上にわたってペットだけでの留守番は避けましょう。

一般的には、1泊程度なら自宅で留守番させ、2泊を超える場合は知人やペットホテルに預けるという場合が多いようです。

ペットに留守番をさせる場合、たとえ一泊であっても心配ですよね。

そんなときに心強いのが、ペット用の見守りカメラです。

ほとんどのペットカメラがインターネットを利用して、外出先から留守中のペットの様子を確認できる機能があります。

また、外出先から食事を与えることのできるペットカメラもあります。

外出の多い飼い主さんは、ペットカメラの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

外出先からおやつをあげられるドッグカメラ ファーボの口コミはこちら