新大阪駅のテルマエ・ロマエで阿部寛気分で温泉。

新大阪駅のテルマエ・ロマエで阿部寛気分で温泉。
テルマエ・ロマエではないですが、タイムスリップでもしたいのですが、タイムスリップできないので、新大阪から東京に帰るにあたり、せっかく新大阪まで場所だけスリップしてきたので、温泉でも入るべく、新大阪駅ちかくでの温泉を調べてみました。

しらべてみると、左手にキャプテン翼スタジアムというフットサル場をみながら新幹線沿いに、5,6分ほどあるいていくと、右手にマンションがみえてきます。
まったく、何もなさそうな場所なのですが、グーグルマップでみてもそこに温泉があります。
どうみても、マンションがあるようにしかみえないんですが。。。とおもったら、エレベーターホールらしきエントランスがあり、最上階が温泉となってるではないですか!!
そうなんです。なんと、マンションらしき建物の最上階に天然温泉 ひなたの湯という温泉があるのです。
場所は、新大阪駅から徒歩10分弱。
こんなところに温泉あるんかなぁと思うとマンションらしき建物の一番上に温泉があるのです。
これがまた、意外にすいています。
露天風呂も空は広く感じれて、まさにテルマエ・ロマエの映画ではないですが、なんだか湯船のなかで、星空をながめていたらタイムスリップしそうです。
そんな風呂場で風呂に入った後には、ビールがついたたこ焼きセットがあります。
私はこれで大満足です。
ただ、右をみると私のかみさんは、お風呂のあとはこれ!といって、最近人気らしいヒト幹細胞培養液配合の美容液とやらを顔にしこんでます。^^
なんだか、再生医療研究から開発された化粧品らしく要は、あのiPS細胞と同じ系列みたいいなんです。
なんだか、美肌にノーベル賞のiPS細胞が関係有るの?と疑問だったのですが、きけば、肌のターンオーバーなどに関わる部分を活性化するのに役立つのだとか。。。
良くはわかりませんが、美容液も発展していっているんですね。
タイムスリップして、過去にもどったらこの美容液で大儲けできるかも・・・
なんて、満天の夜空を見ながら妄想します^^