物が溢れている時代だが、この世にあるほとんどの商品は、最初に世に出たオリジナル商品の二番煎じ・三番煎じの商品になる。

オリジナルを超えられないのは真実だけれど、二番手がオリジナルを超えたバリエーションや機能を持たせ、さらに価格も安くしてきたら、本家本元は大変だ。

続きを読む