オリジナルを超えられるか

物が溢れている時代だが、この世にあるほとんどの商品は、最初に世に出たオリジナル商品の二番煎じ・三番煎じの商品になる。

オリジナルを超えられないのは真実だけれど、二番手がオリジナルを超えたバリエーションや機能を持たせ、さらに価格も安くしてきたら、本家本元は大変だ。

サプリメントを見ていても、色々なメーカーから同じ成分を配合して、似たようなものが沢山出ている。

これもやはり二番手のメーカーは、メジャーになっている一番手を越えなければならないから大変だろう。

主要な成分をMaxまで入れられないか検討したり、他の有効成分を入れられないか、あらゆる可能性を考えて制作するのだと思う。

ウエイトン葛の花」も最近発売された、葛の花イソフラボン配合のダイエット用サプリメントだ。

似たような製品では最初に世に出たSが有名だが、調べてみたら、やはりSには配合されていない新たな成分も加わっていた。

こんな場合は二番手のほうが、ユーザーはより期待してしまうもののようだ。
そんなわけで私も近いうちに試してみようかと思っている。