ヨガの正しいポーズを知って効果を出すやり方【厳選3ポーズ】

正しくやっているつもりでも、ポーズが違う。

ヨガの正しいポーズって、できているようでできていない。

現役ヨガ講師をしているわたしでも、意識をしないとヨガの正しいポーズができていないとき、あります。

ヨガの正しいポーズができないと、効果も半減してしまうんです・・・。

ということで、今回はヨガの正しいポーズを知って、正しくそして効果的にヨガを楽しむために知ってほしい厳選3ポーズを紹介していきます。

ヨガの正しいポーズその1.ウールドヴァ・ハスタ・アーサナ

ヨガの基本ポーズの一つです。

太陽礼拝にも出てきますし、いろいろなポーズの途中にも使うポーズです。

両腕を挙げるだけの簡単なポーズですが、いくつかの注意点があります。

両足を腰幅に広げた方が、ひざ関節への負担が少なくなります。

このポーズで意識しなければならないのは、体の中心軸です。

腰を反らしすぎないようにし、お腹を引き締めましょう。

そのために、尾骨を中に引き込み、腹筋を締め、両腕を耳たぶに添うまで天井へ向けて引き上げます(筋膜ヨガでは親指の付け根(母指球)を天井に引き上げるイメージです)。

【POINT!】

    背中をふっくらさせる

  • 肋骨の下部を後ろへ引く
  • 胸を張ろうとしてお尻が出すぎているのはNG

ヨガの正しいポーズその2.ヴルクシャ・アーサナリ

「木のポーズ」とか「木立のポーズ」ともいうバランス系の代表的なポーズです。

バランスの維持のために体幹や腹筋の筋肉を使うことが大切です。

足裏から頭のてっぺんまで体軸に沿って、上下に伸びる意識が必要です。

持ち上げた足裏から内ももへ押し込む力と、内ももから足裏へ押し返す力の拮抗が大切です。

足裏からの押し込む力が強すぎるとお尻が外側に飛び出しアンバランスになります。

バランス系のポーズでは、揺れるのは当たり前です。

他人を意識してしまうポーズでもあります。

他人と比較せず、揺れることを楽しむことです。

なお、揺れの振動を吸収する場所は、意外にも足裏から足首です。

ウォームアップで、足裏から足首をほぐしましょう。

【POINT!】

  • 上下に伸びる
  • 他人を意識せず揺れを楽しむ
  • お尻が外側に飛び、出しているのはNG

ヨガの正しいポーズその3.ヴィーラバドラ・アーサナⅡ

「戦士のポーズⅡ」と言われる基本的なポーズです。

下半身を鍛え、股関節を広げるポーズです。

前足を曲げたとき、前足のひざが内側に入り込みがちです。

ひざを痛めるきっかけになります。

意識的に前足のひざを外へ開きましょう。

上体も前に倒れがちになります。

上体は常に地面に垂直になる意識を持ちます。

後ろ足もひざが緩んでしまいます。

しっかりと後ろ足裏、とくに母指球と小指のヘリで地面をとらえて、内ももを内側に回す力を活かします。

【POINT!】

  • 上体は地面に垂直に
  • 後ろ足が緩まないように
  • 前足のひざが内側に入っているのはNG

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ヨガの正しいポーズのなかでも以下の3つを取り上げてみました。

その1.ウールドヴァ・ハスタ・アーサナ

  • 背中をふっくらさせる
  • 肋骨の下部を後ろへ引く
  • 胸を張ろうとしてお尻が出すぎているのはNG

その2.ヴルクシャ・アーサナリ

  • 上下に伸びる
  • 他人を意識せず揺れを楽しむ
  • お尻が外側に飛び、出しているのはNG

その3.ヴィーラバドラ・アーサナⅡ

  • 上体は地面に垂直に
  • 後ろ足が緩まないように
  • 前足のひざが内側に入っているのはNG

これらのポーズを取るときは上記のようなポイントを守って行ってみてくださいね。

また、ヨガの正しいポーズって、自分で判断するのには限界があることも。

そんなときは、ヨガのスタジオに行って、インストラクターの指導を受けてみるのもありです。

最近ではホットヨガの人気が出てきていて、どのエリアでも比較的気軽に受けられる値段になっています。

とはいえ、人気になってきたからこそ、「どのホットヨガスタジオがいいのかわからない・・・」という声もよくいただきます。

そこでホットヨガのおすすめスタジオで安いものを厳選して紹介しているサイトもあります。

よかったら、最寄りのホットヨガのおすすめスタジオが取り上げられているかチェックしてみてくださいね。