ニキビが治った後もケアを続けることが大事!

ニキビの悩みといえば、治っても繰り返しできることです。ニキビが治っても安心せずに、ケアを続けることが肝心です。またニキビ跡の色素沈着なども、一緒にケアしていきたいですね。

そもそもニキビが繰り返しできるのは、なぜなのでしょうか? その原因としてひとつ考えられるのは、前のニキビが完全に治りきっていないということです。

自分では治ったと思ったニキビが、治っていないということは珍しくありません。特にクスリを使って、ニキビの炎症を抑えている場合には、赤みや痛みが治まってくるので、治ったと思ってしまいがちです。

しかしニキビが完全に治っていなければ、また炎症をおこして赤みや痛みが戻ってきます。つまり見た目で判断せずに、根気よくニキビケアを続けることが大事です。

そしてニキビが繰り返すことで、肌がダメージを受けてしまうのも、マイナスです。ニキビが原因で、肌が荒れてしまい弱くなっていれば、それもニキビができやすくなる原因です。

またニキビ跡の黒ずみやデコボコ肌は、見た目の悪さも気になります。ニキビよりもニキビ跡に悩んでいる人も、多いのではないでしょうか。

そんな人はニキビとニキビ跡が、同時にケアできるベルブランが便利です。ベルブランはニキビ跡ケアのローションと思われがちですが、実はニキビケアも同時にできます。

ベルブランの口コミを見てみると、ニキビ跡が薄くなってきたと同時に、新しいニキビができなくなったという人が、たくさにることがわかります。

そのベルブランの秘密は、油溶性甘草エキスです。ニキビケア商品に、甘草エキスが使われているものは、たくさんあります。しかし油溶性という部分が、ポイントになります。

通常の甘草エキスというのは、浸透性が悪いのですよね。つまり浸透性が悪い分、効果が発揮できないということです。しかし油溶性の場合は、浸透性がいいという特徴があります。その分、効果も高くなるというメリットがあります。

ニキビの予防と同時に、ニキビ跡もケアできるというのは、とても便利なものです。普通だとニキビケアのクリームを塗って、それとは別に美白クリームなどで、ニキビ跡のケアをしなければなりません。

最終的に目指すところは、ニキビが出来きにくい健康な肌です。そんま健康な肌を手に入れるまでは、スキンケアを頑張らなければいけません。