転職して幸せになれるかどうか。私の転職した理由を語ります。

転職は人生において大きな決断の一つです。

もし転職したとして、その後自分の人生がより幸せになれるかどうか、よく考えて決断をしましょう。

私は27歳のときに転職を経験しました。

20歳から働いていて、その仕事が好きで7年間続けていたのですが、決断に至ったのには3つ理由があります。

1.福利厚生がしっかりしていない

仕事が好きでしたしできれば転職したくないなーと思ってあまり重要視していなかったのですが、やはり30近くになると結婚も意識しますし、このままではいけないと感じるようになりました。

正直今は福利厚生がしっかりしていない職場ですと、のちのち後悔する結果にもなりかねないと思います。

2.職場が遠い

その時期は実家暮らしだったのですが、出勤に片道1時間半なんてザラでした。

仕事内容の関係で日によって違う場所に行くことが多く、一人暮らししようにもどこに住むのが正解かわからない状況でした。

また、給料が歩合制ということもあり収入も安定せず、実家からでるのも怖かったので・・・

3.休日が少ない

帰りはそれほど遅くはなかったのですが、月~土までしっかり働かされていました。

日曜しか休みがないとプライベートもなかなか充実せず、ストレスも溜まり結構大変な思いをしました。

現在の職場は決して高月給とは言えませんが、福利厚生、職場の距離、休日も土日休みとそれなりに充実しています。

今の仕事が好きかと聞かれれば、前の方が好きと答えるでしょう。

しかし、転職したおかげで結婚もして、まだ子供はいませんが幸せに暮らしています。

上記で転職の理由を挙げましたが、客観的に見るとなかなかひどい職場のように思えますよね。

ただ仕事の内容はすばらしいものでした。

転職を検討している上でこれを読んでいる方は、もしかしたら私と同じように好きだけど待遇が良くないかもしれませんし、その逆で待遇はそれなりだけど仕事が好きではないのかもしれません。

本当は好きな仕事で高月給で休みもしっかりしているなんてのが理想なのでしょうが、なかなか全ての条件が揃っている職場ってないですよね。

転職して私は幸せを手にしました。

プライベートも充実しています。

これを読んだあなたも、今の仕事と転職した先にある生活を天秤にかけ、どちらが自分にとってベストかをよく考えた上で決断すると良いでしょう。

あなたの幸せを願っています。

https://www.gatorcountryrocks.com